御挨拶

拝啓 時下益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
弊社業務につきまして、日頃より格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。

弊社は、昭和36年4月に菊地組として土木工事業を創業、その後の高度経済成長期の波に乗り、事業規模を拡大、昭和43年9月に株式会社恵工業として法人化、昭和52年には建築事業への進出も図り、中小ゼネコンとして、成長が続く昭和の時代において事業を拡大してまいりました。
しかしながら、平成の時代に入り県内の建設業界は、公共建設投資が大幅に減少する中、建設業社の数は増え続け、供給過剰な状態になりました。
その結果、建設業の過当競争が続いて、弊社においても売上が減少、ダンピングによる無理な工事の受注、大規模な建設投資、不良債権処理の遅れなどが影響し、経営状況は厳しさを増して行きました。

弊社では、このような状況を踏まえ、損益管理、原価管理の徹底、経費の改善など、様々な経営改善に取組み、社会的な信用の回復に努めてまいりました。
近年では、東日本大震災、台風災害などの復興工事などで、順調に売上を維持しておりますが、今後、建設市場環境は減少していき、既存分野の新設・新築工事から修繕・維持•更新工事などに市場ニーズが変化していくと予想されます。

このような状況に対応できる企業を目指し、この度、主要金融機関様のご理解·ご協力の下、第二会社方式により、財務の安定化を図り、新会社「株式会社メグミ」にて建設事業を承継し、新たなスタートを致しました。
この事業計画をお取引先様にお示しすると共に、今後とも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。